「聞こえ」に問題を感じたら?

周囲の声や音が聞き取りにくいと感じたら、すぐに病院で検査をしてもらいましょう。大したことはないと放置していると、気づいた時にはかなり進んでいるかもしれません。聞こえが悪いとコミュニケーションが取れずに家族や周囲との関わりが減って、認知症やうつ病のリスクが高まります。補聴器は難聴が軽度の内に装用すれば慣れやすく、聴力も維持すると言われています。症状が進むと回復が難しくなるので、早い段階で原因を探り、対処することが重要です。

補聴器以外も勢揃い!様々なグッズを要チェック

男性

耳に関する不調を解消する方法

耳の不調の原因の一つに、ストレスがあげられます。イライラしたり、睡眠不足が続いたりすると、自律神経のバランスが崩れます。それにより、耳鳴りや難聴などの不調が生じやすくなるのです。ストレスで体が凝り固まって血流が悪くなっているので、適度な運動をすれば改善が見られます。聴覚を正常に機能させるには脳の働きも重要です。動脈硬化などで血管が詰まりやすくなっていると、耳から入った音の信号が伝わりにくくなります。生活習慣の見直しが耳の不調を解消する方法の一つといえるでしょう。耳鳴りには、カフェインの取り過ぎや騒音なども関係しています。医学的な疾患がないにも関わらず不調を感じる場合は、リラックスを心がけ、生活リズムを整えることからはじめましょう。

病院や専門店で相談しよう

耳が聞こえづらくなったら、補聴器の装用を視野に入れましょう。まずは耳鼻咽喉科や補聴器外来などを受診し、相談するのがベストです。自分の聞こえの具合がよくわからないまま補聴器を買ってしまうと、後悔することにもなり兼ねません。病院から紹介された販売店が、専門店ではない場合もあります。補聴器は選びは耳の聞こえ具合や装用感、その人の生活環境にも合わせる必要があります。手軽なインターネット通販を利用する方もいますが、できれば認定補聴器技能者のいる専門店での購入をおすすめします。認定補聴器技能者は実務経験を積み、厳しい試験に合格した人だけが名乗ることができます。補聴器は病院と専門店で相談をし、じっくりと時間をかけて選ぶようにしましょう。

聴力を補助する機器を使って問題解決!

補聴器を使うと、今まで聞こえなかった音が聞こえてきて、気持ちが明るくなったという方もいます。引きこもりがちだった方も積極的に外出するなど意欲の向上もみられます。話しかけても反応がなく、認知症を心配されていた方が自分から話すようになったという例もあります。しかし、金銭的に補聴器を買うのは厳しいという方もいるでしょう。そのような場合は、聞こえを補助するサポートグッズの利用がおすすめです。テレビやラジオの音が聞きやすくなる手元スピーカーや、人の声がゆっくり聞こえるラジオなど様々な機器があります。

[PR]補聴器の販売店を数多く紹介♪
最寄り店がすぐに探せる☆

[PR]補聴器が欲しいなら専門店へ!
保証サービスを提供してくれる